MENU

本日お金を借りるならココ!安心して借りれる銀行など紹介!

本日中にどうしてもお金を借りないとヤバい!って時ありますよね。

 

本当に今日中にお金を借りれるのかどうか不安かも知れませんが、条件を満たせば借りることができます。

 

また、急いでいるときこそ安心できる大手の会社で借りるべきですが、アコムとプロミスがその条件を満たしています。

 

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループですし、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのカードローンです。

 

ですのでアコムとプロミスについて本日お金を借りる方法を紹介します。

 

申し込みから審査まで

申し込み方法は以下の3つがありますが、ネットで済ませるのが圧倒的に早いです。

 

・インターネットで申込(スマホ対応)
・電話
・無人契約機で申込

 

電話の場合は、申し込みに必要な情報を一つ一つ聞かれていくので、20〜30分程度かかってしまいます。また混んでいるときには電話に繋がりにくいこともあります。

 

無人契約機の場合は、契約機まで行ったあと、その場で手書きで書く必要があります。わからない情報や、必要書類の不備などがあればまた家に取りに帰る必要もあります。

 

審査もその場で待つ必要があるので、無駄に時間がかかってしまいます。

 

一方で、ネットでの申し込みはスマホやPCで記入できるので、スムーズに申し込みができます。必要書類を確認したり、聞いたりして忘れずに用意し、無人契約機に向かいます。そうすれば向かっている間に審査をしてくれるので、時間短縮にもなります。

 

本日中にお金を借りる必要があり、急いでいる人はネットで申込をしましょう。

 

在籍確認について

在籍確認は現在働いている会社に在籍しているかどうかを電話で確認するもので、基本的には必ず必要なものになります。

 

会社にどうしてもバレたくない場合には、自分しかいない時間に電話してもらうようにお願いするという方法があります。

 

ただ自分しかいない時間だと夜中になってしまい、本日中に借りれなくなる可能性があります。そういう場合は、クレジットカードを作成したので、電話がかかってきますと、社内の人に伝えておくのがいいでしょうね。

 

クレジットカードの在籍確認と、キャッシングの在籍確認は基本同じなので、上記の対応で社内の人にキャッシング利用がバレることはありません。

 

契約後の融資について

アコムもプロミスも指定の銀行口座があると、24時間振り込み可能ですので、指定銀行口座があるかどうかをまず確認しましょう。

 

  24時間対応銀行

(メンテナンス時間を除く)

アコム 楽天銀行
プロミス

三井住友銀行
ジャパンネット銀行

 

上記の銀行口座を持っている場合は、迷わず振込融資を選択するのが一番早いです。(ただし後ほどローンカードが届きますので、家に届くのが嫌な場合は営業支店止めなどにしてもらうようにしましょう)

 

上記銀行の口座を持っていない場合、無人契約機に行き、ローンカードを発行してもらうのが最も良い方法です。

 

上記以外の提携銀行は通常営業時間の15時までしか対応していません。ですので、すくなくとも14時までにはアコムやプロミスとの契約完了まで進めておく必要があり、時間的にタイトになってしまいます。

 

ですが、無人契約機であれば、09:00-22:00(一部店舗を除く)まで営業していますので、より遅い時間でも対応可能です。

 

無人契約機でローンカードを発行してもらった後は、備え付けのATMなどで引き出し可能です。

 

必要書類は?

運転免許証があればそれ1点で大丈夫です。

 

 

運転免許証が無い場合には、個人番号カードか健康保険証を用意しましょう。これらの書類には顔写真が無いと思いますが、顔写真が無い場合には、以下のどれか1点も合わせて必要になります。

・住民票

 

・公共料金の領収書・・・電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話を除く)、NHK等

 

・納税証明書

 

※確認時に発行日または領収日から6か月以内のものに限ります。

 

50万円の借り入れを超える人や、他社も合わせて借り入れ総額が100万円を超える場合には、収入証明書も必要になります。

 

アコムの特徴

審査は最短30分で完了し、即日融資に向いています。

申し込みから契約完了までインターネットで可能。ネット申込後に無人契約機(むじんくん)でカードを受け取ることも可能です。無人契約機は一部店舗を除き22:00まで営業しています。

50万円以下の借入なら収入証明書が不要ですし、はじめてアコムを利用される方は最大で30日間無利息で借りる事ができます。

実質年率 3.0〜18.0%
評価 評価5
備考 融資限度額800万円
プロミスの特徴

こちらも最短30分で審査完了。融資まで最短1時間!

カードレス→郵送物なし!カードレスでWeb取引も可能です。(※対象金融機関は200行以上あります。)

土日祝日でもネットで申し込みをして、審査が通過したら無人契約機ですぐに借りる事ができます。(審査ができる時間帯:9:00-21:00)

30日間無利息サービスもあります。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

実質年率 4.5〜17.8%
評価 評価5
備考 融資限度額500万円

 

 

審査を長引かせないために

最短30分の審査時間というのは、本当に最短の場合なので、いろいろなケースで審査時間が伸びることがあります。

 

以下に審査が長引いたり落ちたりする原因を挙げておきます。

 

虚偽の報告をしない

これは絶対必要な点ですが、年収や住所などうその報告は絶対にしないことです。

 

これと同様に、記載間違いも禁物です。

 

審査の段階で分かってしまいますので、審査落ちや審査が長引く原因になってしまいます。嘘の報告はもちろんですが、記載間違いにも十分注意をしましょう。

 

複数のローン会社で同時期に申し込みしない

どれかに通ればいいと思って、審査通過確立を上げるために複数社に申し込む人がいますが、これはかえって逆効果です。

 

申し込み記録が信用情報の記録に残ります。それを見ればお金に困っているという印象になりますし、先に申し込んでいる他社の審査が終わってから次のローンの審査が開始されることになるので、結果的にメリットがなくなります。

 

融資額を上げ過ぎない

融資限度額はアコムが800万円、プロミスが500万円ですが、これは最高の限度額です。

 

収入証明が不要な50万以下のほうが、審査はスムーズですし、できるなら本当に必要な金額まで抑えて設定すべきです。

 

返済能力との兼ね合いなので、高額にする方が審査が長引いたり落ちやすくなる傾向があります。