MENU

結婚式のご祝儀が足りない|キャッシングで借りたときのデメリットは?


年代によっては参加することも増える結婚式。特に女性は参加するとなると高額な費用がかかります。だからといってお金を理由に結婚式に参加しないわけにはいかないですし、現金が必要だからこそ困りますよね…。

 

そんなご祝儀のお悩みに答えてくれるのが金融機関や銀行ローンです。普段はキャッシングなんてしない人だからこそメリットもあればデメリットもあることを知っておいて欲しいのです。

 

結婚式のご祝儀はこんなにかかる!

結婚式には会員制のものとそうでないものがあります。会員制の場合決まった金額を用意すればいいだけだと思いがちですが、相手が上司や目上の人の場合そうもいきませんよね。

 

結婚式に参加するとなるとご祝儀だけでなくドレスやバックなどを必要になります。別の友人の結婚式で着たドレスは、別の友人の結婚式では着てはいけないなどマナーがあるのです。

 

ドレスやヘアメイクなどの装飾費用もかかりますので実はとても高額です。毎月のお金からは支払えない場合、キャッシングを利用する人も多いようです。

 

結婚式のご祝儀のキャッシングのデメリット

キャッシングは正しい使い方をすればとても便利な機能です。ただし返せない程の無理なお金を借りてしまったり、ご祝儀だけと思っていたのに他のお金もつい…とお金を借りることを安易に考えてしまう場合があるのです。

 

金融機関によっては借りたその場から利息が発生するものもあり、出来るだけ「30日間利息不要」のキャッシングを借りるようにしてくださいね。また金利がないことから銀行ローンなどもおすすめです。いずれにせよ、土日に参加する場合審査がありますので早めにキャッシングを検討しておきましょう。

 

一度だけ…と思っていたものが当たり前になってしまうのはとても怖いことです。強い意志をもってキャッシングを行うようにしてくださいね。

 

⇒本日お金を借りる方法はこちら